鍵盤バランスホールの調整

鍵盤バランスホールの調整鍵盤の調整は、ピアノのタッチを決める重要な作業です。

特にバランスホールは、指からの力を支える最も重要な部分の一つ。
長年、いろいろな道具を工夫&製作して使ってきた中でたどり着いた会心の作で調整しています。

バランスホールとバランスピンとの接点は、「ガタが無いこと」と「無駄な抵抗を無くすこと」を両立させることが、良いタッチ・良い音を作るためにたいへん重要です。

鍵盤バランスホール調整1
1.工夫を重ねた道具で、出口の直径を広げず円錐状の穴に調整します。
鍵盤バランスホール調整2
2.道具の先の出る量を見ながら上から押すだけで、理想的な穴に・・
3.バランスホール内部のイメージ図。当社設計の道具、先端の形状にこだわりがあります。
3.バランスホール内部のイメージ図。当社設計の道具、先端の形状にこだわりがあります。
 鍵盤バランスピンの位置を調整する

バランスピンの前後位置も重要です。
案外、新品の状態で良い位置になっていることが少ないのです。
静止位置で奥の方になっていると、鍵盤が下がる時に無駄な抵抗が出来てしまうため、ちょうど良い位置に調整します。

バランスホールの形状と適切なバランスピンの位置により、スッキリしたタッチと心地良い音色が得られます。

 

 バランスホールリーマー<押すだけⅡ>

販売:バランスホールリーマー<押すだけⅡ>
前回50本製作のバランスホールリーマー<押すだけ>が好評で完売していましたが、やっと追加品が100本出来て来ました。
今回はビット取り替え式とし、2500円(税込み)での販売です。ご連絡いただけましたら、送料サービスでお送りさせていただいています。
2016/12/12 完売(目下使ってくださっている方々からの情報収集と仕様の熟成中)

♪うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434