調律師によって音は違いますか?

Q、『調律師によってピアノの音は違いますか?』

A、調律師によって、音程も音色やタッチも、良いコンディションがどれだけ続くかも変わってきます。
調律師の数時間の作業は、毎日心地良くピアノに向かえるかどうか、そして、ピアノの寿命にも影響するのです。

♪ 「ピアノを良いコンディションにする」には、とてもたくさんの作業があります。

ピアノ調律は大切な文化内部の掃除、ネジの増し締め・部品の摩擦軽減・心地良い音程に調律・音色作り・弾きやすいタッチ作りなど、ピアノを良くするために、また、お好みに合うように、どれだけの作業を精密に実施できるかは、私たち調律師の技量と本気度に係っています。

それらの作業は、3時間でも十分とは言えないほど色々とあり、「音合わせ」だけの調律では、とうてい足りません。

右の新聞の切り抜きは、“調律料金の過剰な低価格化への警鐘” を、恩師 水谷和彦先生が神戸新聞に投稿してくださったメッセージです。

背筋の伸びる思いで転載させていただきました。
改めて、お客様のピアノに責任もって調律しなければと思っているところです。

♪ 定期的な訪問を重ねることにより、ピアノをどんどん理想的なコンディションに近づけていきます。
♪ 同じピアノでも、調律の少しの違いで音色が変わる例 ⇒調律比較
♪ みなさんのご要望もドシドシお聞かせください。

♪ お客様のご要望にもお応えして、うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434