譜面台蝶番(ヒンジ)取り替え

修理料金:¥500/1個(税別)(必要なネジや作業料込み)

ピアノ譜面台の蝶番交換
気がつかない間に、楽譜を置く台の蝶番(ヒンジ)がゆるくなったり、ネジが弛んでいたり、軸が出てきたりすることがあります。
大きな修理につながる事もあるので、こまめな点検が必要です。(アップライトピアノは、黒鍵や譜面台などを傷めていることが多いです)
調律の際に、ネジの増し締めや硬さの調整を行っていれば大丈夫。
ユルユルになっている時や、蝶番が壊れている時(写真)は交換が可能です。

♪ 雑談 > 蝶番は、「ちょうつがい」とも「ちょうばん」とも読まれています。語源は「蝶の羽」に似ていること、2つで一組であることを表す「番(つがい)」から来ているようです。
取り替え作業をするたびに、「菜の花畑のモンシロチョウ」と、子どもの頃に「番(つがい)で飼っていた十姉妹(ジュウシマツ)」を思い出しています。

<♪ お客様のご要望にもお応えして、うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434