調律&整調&整音&下準備

ピアノ調律師が日常行う「調律の作業」は、見出しのように4つの工程に分類することが出来ます。
このページでは、それぞれの作業のコンセプトを簡潔にご紹介したいと思います。

♪ 調律=音程を合わせる (約230本の弦が互いにうまく響き合うように・・・)

♪ 整調=アクションの動きを整える (小さい音から大きい音まで自由にコントロールできるように・・・)

♪ 整音=音色を整える (まずは音の伸び、そしてお客様のお好みに合った音色と発音を…)

♪ 下準備 (弦やアクションの接点を磨いたり、ネジ類の増し締めをしたり…)

それぞれの作業は相互関係を持って成果となるので、“良い音&良いタッチ” を引き出すためには、個々のピアノに合った様々な作業をバランスよく施す必要があります。
中でも最も大事なのが下準備です。
弦をツルツルに磨くことで音が伸び、ネジの増し締めや部品の接点を磨くことで指からのエネルギーを最大限ハンマーに伝達できるようになります。

「音程&音の大きさ&音色」を「音の三要素」と呼びますが、「調律&整調&整音」は、まさに「音の三要素」を調整する作業です。
こちらのサイトもぜひご覧ください。⇒現代ピアノへの古典調律法のこころみ/音の三要素

♪うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434