Pianoピカピカ大作戦

♪ 気持ちを新たに… さあ!クリーンアップ !!  ~ご家庭で出来るピアノの掃除をご紹介~

用意するもの

  1. まず、かたーくしぼったタオルを用意します(2本ほど) 。タオルは、使い古しのタオル(砂埃のついてないもの)で良いでしょう。綺麗に洗ったあと、洗濯機の脱水or力いっぱい絞ります。(※マイクロファイバー繊維のタオルならさらに効果的)
  2. 中性洗剤 汚れのひどい場合に使います。(例:食器用洗剤) 中性洗剤なら塗装などを傷めることはほとんどありません。(古いピアノで、塗膜が傷んでいる場合は注意してください)
  3. ピアノつや出し剤 汚れが落ちてから使います。(例:ピアノシャイミー、ユニコンなど)(※半艶・艶消しのピアノは使いません)
  4. ( オプション)コンパウンド(※半艶・艶消しのピアノは使えません)(例:ヤマハのピアノコンパウンドやホームセンターでも買えるピカールなど)細かい傷が取れてピカピカになりますが、これを使い始めると半日仕事に突入! ( 角(かど)は、木地が出やすいのでコンパウンドでは磨かない)

作業にとりかかろう

  1. 全体のほこりを拭き取る。用意1.のタオルを使います。よく汚れている時は、あまりゴシゴシせずに、濡らすことから始める感覚です。
  2. 鍵盤を拭く。黒鍵の間や最低音・最高音の弾かないところが良く汚れているものです。これも用意1.のタオルで1音1音縦に拭いてください。(横に拭くと鍵盤調整が狂ったり鍵盤がはがれたりしやすいので要注意!)
  3. 外装の汚れを落す。 天井を向いている面が特に良く汚れているものです。これも濡れたタオルで拭きましょう。水の力だけでも いろんな汚れを落してくれますが、キッチンの近くに置かれたピアノの油汚れや、たばこのヤニ汚れには、台所の中性洗剤を少量タオルにつけて拭くと取れやすくなります。
  4. オプショナル作業:コンパウンドを使ってみよう。 注意)これをやりだすと、相当な体力と時間と根気が要ります。軍手かゴム手袋をはめ、タオルやボロ布にコンパウンドをつけて、磨きます。細かい傷などが取れて、ピカピカになってきますが、角(かど)は、木地が出やすいので、磨かないようにしてください。ペダルや鍵などの真鍮部分もきれいになります。
  5. オプショナル作業のケアー。 中性洗剤を使ったり、コンパウンドを使ったあとは、もう一度かたくしぼったタオルで全体をふきましょう。
  6. ピアノワックスで磨く。ここまで出来たらあと少し。艶だし剤を塗りましょう。細かい傷も目立たなくなりピカピカに!埃や汚れもつきにくくなります。これも固く絞ったタオルに付けて塗るとよいでしょう。(注意:鍵盤にはワックスは使いません)
  7. 最後にもう一度、用意1の硬く絞ったタオルで拭くと、落ち着いた感じに仕上がります。

 ♪ これでまたピアノを弾く時間が増えることうけあい!! ぜひチャレンジしてみてくださいね。

♪ お預かりクリーニングでは、アクションや鍵盤・底板まで外して掃除します。
引越しやリフォームの際にはぜひご相談ください。

♪ うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434