音合わせ以外の様々な作業

 
ピアノ 鍵盤のピンを磨く フロントピン バランスピン

左の写真は、ピアノの鍵盤を分解して バランスピン・フロントピンを磨いているところです。 鍵盤ブッシングクロスとの摩擦を少なくします。
このほか、パイロットのすべりやバランスホールの調整など、部品の耐久性や心地良いタッチのために、とても重要なのが鍵盤分解作業です。

ピアノ線 弦を磨く
良い音が出るように、弦もつるつるに磨きます。 特にハンマーが当たる部分は重要です。
汚れやサビを落としたあと、金属研磨剤でつるつるに磨き、さらに綺麗に拭き取ると、ピアノから伸びやかな音が蘇ります。

ピアノ ハンマー整形 ファイリング
弦を打つハンマーの、弦跡が深くなると、ピアノの音がこもったり、カサカサした音がしたり、ベンベンした音になったりします。
そんな時は、フェルトの層を削り、元の卵形に整形します。
そのあと、ハンマー3本/1音の弦に均等なエネルギーを与えられるように、ハンマーフェルトの先端を微調整します。

針刺し整音
ハンマーフェルトに針を刺して、音色を整えることも重要です。
硬い音の時、また、こもった音の時も、ハンマーの弾力を調整することで、心地良い音にしていくことが出来ます。

ピアノアクション 接近調整 レットオフ
ピアノのアクションは、テコの原理で構成されています。
最適な運動をするように、ピアノごとにその動きをよく観察します。
そして、心地良い動きを見つけて様々な調整を積み重ねると、どんどん弾きやすいピアノになっていくのです。

ピアノ アクション ダウルの調整 前後
これは、鍵盤の奥にある、ダウル(パイロット)という部分の前後を調整しているところです。
前後や高さを最適な位置に調整して、鍵盤の力をロスなく上へと伝えます。

指のエネルギーがうまくハンマーや弦に伝わるように、それぞれの部品を最適に調整して、あなたのピアノがもつ最高の音と弾き心地を引き出します

♪ お客様のご要望にもお応えして、うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434