ピアノ調律に適した時期

Q、調律に適した時期 『つゆ時は避けたほうがいいですか?』

雨が続いたりすると、響板が持ち上がって音程が上がり、乾燥すると、音程が下がります。
温度変化によっても狂いが出て、その差は、私の経験では最大4Hz(音叉のAの音域)になることもあります。
つまり、調律の後に温度や湿度の変化があると、音程が狂うということです。

このことは、私たち調律師も最も気にしていることの一つですが、最近はエアコンなどでお部屋の温度湿度が安定して、狂いが少なくなっています。

さて、調律に適した時期を考えるに、頻繁な調律を行っているピアノの場合、温度湿度が平均的な春や秋が良いと言えるでしょう。

しかし、長い間調律していないピアノなど、まだ良い状態になっていないピアノの場合、分解掃除や基本メンテナンス、そしてタッチや音色の調整など盛り沢山な作業があり、調律後も季節の変化以上に不安定なので、上記のような精密さを求める事はできません。
また、虫や湿度・ネズミの害も心配なので、気になった時、すぐに調律をご依頼いただくのがよかろうと思います。

故障がちなピアノは、故障しやすい時期に修理しておくと、一年中気持ちよく弾けるようになりますので、不具合のある時に、すぐにご連絡いただけると嬉しいです。

♪ お客様のご要望にもお応えして、うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434