弦の下の埃を掃除する

グランドピアノの弦の下に見えている板が響板です。

ピアノの艶やかな音は、この広い面積の板(厚さおよそ1cm)で増幅しています。

調律の前にチューニングピンの周り・鉄骨の上・弦についた埃・鍵盤の奥(アクションの棚) etc.を掃除しますが、響板の上の埃も気になることがあります。
少しの埃なら、音にはほとんど影響ありませんが、案外簡単に掃除できるのです。

かたーく絞った極細繊維のタオルを、低音側からすべり入れて、響板の上を何度か往復させて掃除しています。
綺麗になったら、またいっそう大切に思ってもらえるような気がしています。

※ 難しい作業ではないのですが、弦や響板やダンパーフェルトを痛めないように十分気をつけなければならないので、お客様ご自身での作業はお勧めしません。

響板掃除Before
1. Before 埃がうっすら溜まった響板。
DSCF7463
2. 低音弦の横からタオルを入れる。
高音部まで押し込んだところ
3. 高音部まで押し込んだところ。
After ツヤツヤになった響板
4. After 綺麗にツヤツヤになった響板。

♪うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434