調律って何だ?

調律かばんのレントゲン写真
♪ 調律かばんのレントゲン写真

こんにちは! 調律師の岡本芳雄です。

今日もあなたのピアノが 『いい音・いいタッチになるように、頑張っています。

『 岡本サンに頼むと長い時間かかるけど、いったいドンナ事してるの?』
に お答えして、 今日は調律の作業を大公開。

まず、診察! 88音を一つ一つ弾いてみます。
「♪どんな音? ♪どんなタッチ?・・・ 」
健康状態が判ったら、ほこりや汚れを拭き取りながら分解。

ピアノアクションが見えた『うわー いっぱい機械が並んでいるね~!』

アクションは、木・フェルト・革・金属など、たくさんの部品が組み合わさって出来ています。

「ネジは弛んでいないかな? スムーズに動作しているかな?」

アクションネジ増し締め鍵盤ガイドピンを磨く時にはさらに分解し、ネジの増し締め・サビや汚れ落し・内部の掃除もします。

これらは、ピアノを長持ちさせるための大事な保守作業です。

 
ピアノ調律中「さあ!これから…」
調律は、まず音叉やチューナーを利用して、基準の音を合わせます。
そして、約230本の弦を一本ずつ合わせていきます。
チューニングハンマーでチューニングピンを回して、弦を引っ張ったりゆるめたり、 半音の100分の1も確実に聞き分け、1本15秒で合わせても約1時間。

ハンマーをはずす『ウチのピアノは、なんだか弾きにくくって!…』

「あきらめないで !! 」
「鍵盤やアクションの動きを最適に調整して、指から弦へとうまく力が伝わるようになれば、思いのままに弾くことができます。」

 
鍵盤の調整アクションの、調整ネジを回したり鍵盤の下の薄い紙を入れたり出したり…
あの手この手のこの作業は、整調と呼んでいます。

『もっと柔らかい音がすればいいのになー』
「大丈夫です!! 弦とハンマーが良く調整されると、聞き違えるような音になりますよ。!!」

弦を磨く弦を磨くのもとても重要な作業工程です。振動のさまたげになる要因を取り除く事で、レスポンスの良い伸びやかな音になります。
また、ハンマーの形や弾力を整えるなど、様々な作業でどんどんお客様のお好みに近づけていきます。

「相談」も、とても大切です。作業中も、ご意見・ご希望などございましたらご遠慮なくお話掛けください。

およそ3時間。あなたのピアノのいい面をうんと引き出し、 末永く良いコンディションで使って頂ける事を願って作業しています。

『いい音・いいタッチ』になったら、いっぱい弾いて、益々楽しい時間をふやしてくださいね。

♪ うんと喜んでいただけるようにがんばります。お気軽にご相談ください。
岡本芳雄 090-8984-3434(お電話受付 8:30~21:00 年中無休) okamotopiano@nifty.com
ピアノ調律 整調 整音 修理 ㈲岡本ピアノ工房 兵庫県西脇市西脇57番地 0795-22-2434